血統分析2017年 血統分析

≪2017中日新聞杯≫牝系血統(ファミリーナンバー)+過去レース傾向分析

投稿日:

いつも競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログをご覧いただきありがとうございます!


まず中日新聞杯の「2012年~中京2000M芝重賞・馬券圏内」血統分析データです。(中京競馬場改修後2012年からの中京2000M芝重賞「金鯱賞」、「中日新聞杯」を併せて分析します)

こうして中京芝2000M重賞(中日新聞杯と金鯱賞)の牝系血統(ファミリーナンバー)3分類(地力系、バランス系、極軽系)を分析してみると、地力系>バランス系>極軽系といった傾向があるようですが、強く推せる牝系血統とまでは言えない感じです。
そこでファミリーナンバーで詳しくみてみると、左下にあるように、地力系では1号・12号・16号が、バランス系では4号・9号・19号が、極軽系では3号が過去3頭以上馬券圏内になっています。(中でも地力系12号は最多の6頭が馬券圏内にきていますのでこれを最重要視◎とします)
以上からこのレースでは地力系(1号・12号(=◎)・16号)、バランス系(4号・9号・19号)、極軽系(3号)を重視していくことにします。


【PR】

[s_ad]


次に2017中日新聞杯「「馬番号を付さない」出馬表」の牝系血統+過去レース傾向分析です。

表の見方ですが先ほど分析した牝系血統(ファミリーナンバー)的に優位な馬→「地力系(1号・12号(=◎)・16号)、バランス系(4号・9号・19号)、極軽系(3号)」にそれぞれ○印がついています。
また過去レース傾向のデータでフィルタリング(絞り込み)して今回馬券圏内に残る確率が高い馬は赤く表示されています。
こうしてみるとスズカデヴィアス、ストーンウェア、タイセイサミット、ロードヴァンドールの4頭がどちらのフィルタリングもクリアして狙い目の馬に該当しています。

以上の分析を基に騎手データ、スピード指数、各競馬メディア予想の印なども考慮して本命馬とヒモ候補を絞り込んでいきます。

↓ポチっとご協力お願いしますm(_ _)m

競馬・血統理論 ブログランキングへ

【㏚】話題の人工知能が競馬を予想する!ニッカンAI予想(β版)

ニッカンAI予想とは?

日刊スポーツが持つ過去のデータを人工知能が学習し、印と馬連での買い目を公開する独自のAI予想です。

日刊スポーツがこれまで蓄積した数百にものぼるファクターをベースに、AIはひたすらレースデータの学習を続けており、馬連で購入するのに最適なフォーカスを追求し回収率100%を目指しています。

またこのAI予想には、複数のアルゴリズムを駆使するアンサンブル学習を使用しており、複数のアルゴリズムの中には、「着順を予想するAI」「馬連で購入するに最適なAI」「配当妙味を算出するAI」などが存在します。

それぞれのアルゴリズムにはメリットとデメリットがありますが、複数使用することでメリットを最大限に生かし、デメリットを最小限に抑えます。

AIの予想スタイルは?

AI予想の買い目は馬連で最大7点、中央競馬の全レースの予想と買い目を、前日の午後7時から公開する【前日予想】と、当日の馬場状態や馬体重などを組み込んで当該レースの発走約30分前に公開する【直前予想】の2回公開しています。

当日のレースを約30~40分前に公開する【直前予想】はレース当日の天気、馬体重なども組み込むことでさらに多層的な予想が可能となります。

無料版でも一部のレースをサンプルとして公開していますが、有料版では全レースのAI予想を披露。

印(◎○▲☆△。△は最大4つ)と馬連の買い目(最大7点)を前日夜と当日に公開します。

馬連1点あたり100円で購入した場合の回収率も明記します。買い目は◎から流すだけではなく、たて目(○-△など)も存在します。

日刊スポーツ独自の最先端AI予想を是非一度体験して、あなたの競馬戦略に活用してみてください!

-血統分析2017年, 血統分析
-, , , , , , , , ,

Copyright© 競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.