血統分析2017年 血統分析

≪2017日経賞≫牝系+父系血統分析

投稿日:

いつも競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログをご覧いただきありがとうございます!

(今週は血統傾向が鮮明にでていない重賞レースがありませんので4重賞(日経賞、毎日杯、マーチS、高松宮記念)全て予想記事をアップする予定です。)


まず日経賞の「過去6年分馬券圏内」血統分析データです。

牝系→優位性はバランス系(7)=地力系(7)>極軽系(4)系バランス系と地力系が優位のようです。ただ連対数(2着以内)でみるとバランス系(6)>地力系(3)となりますのでややバランス系を重視したいと思います。

父系→6頭が馬券圏内にきているTサンデー系に注目しています。


【PR】

[s_ad]


次に2017日経賞の「特別レース登録馬」血統分析データです。

ファミリーナンバー(牝系血統)的に優位なバランス系は11頭、次点の地力系は6頭となっています。あと人気になりそうなのはゴールドアクター、シャケトラ、レインボーラインのようですがバランス系×Tサンデー系シャケトラとレインボーラインを血統的には重視したいです。

あと地力系は父系がディープ系、Tサンデー系よりもロベルト系、Lサンデー系、キングマンボ系、ミスプロ系のようなパワーやスタミナに寄った重厚なタイプの方が相性がよさそうですのでそういう血統の馬(ゴールドアクター、アドマイヤデウス、ヤマカツライデンなど)を注目したいと思います。

これらの血統データを基に過去レース傾向、騎手能力、予想サイトの印なども加味して本命馬とヒモ候補を絞り込んでいきます。

↓ポチっとご協力お願いしますm(_ _)m

競馬・血統理論 ブログランキングへ

【PR】おすすめの予想サイト一覧

-血統分析2017年, 血統分析
-, , , , , , , , ,

Copyright© 競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.