うまコラボ 予想サイト

【PR】≪穴馬含めた馬券の共通点が見つかった≫2月11日重賞~うまコラボ~

更新日:

PR【穴馬含めた馬券の共通点が見つかった】2月11日重賞

データ


こんな的中率を持った指数データを使った検証結果、11日の重賞で3連単を的中させるための共通点が見つかりました。

僕がエクセルでまとめたデータを見てみてください。

まず前提として、他の指数は数字が大きいほど走る馬を示していますが、この指数は「数字が小さいほど走る馬を示しています。」
ここを間違えないようにしてください。
そして、この指数から出る予想の上位6頭が、平場含め全レースで総合的に走る馬を示しています。
その6頭で馬券を組み立てると、2018年1月20日の様な3連単50%という高い的中率を誰にでもだせます。

この指数はすでに数十万人という規模程の競馬ユーザーが使用しています。
僕を含めその人たちが考えるのは、「外れない予想」だと思います。
3連単的中率50%でなく100%を目指します。
僕はこの指数を独自で研究をして、今の口癖は「負ける気がしない」です。

このデータを知る知らないでは、お金がかかっている競馬で楽しめてる人と楽しめていない人の差がでてきます。
ぜひチェックしてみてください。
→ 無料会員登録ページ




■共同通信杯
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかります。
指数は過去データの蓄積で、どんどん精度が上がるので2015年万馬券で指数2位しか馬券に絡んでませんが、
2016年は9万馬になりながらも指数1位と4位が馬券に絡む精度となりました。
さらに、指数値メモをみてください。
「指数値メモ=コラボ@指数」というものの数字です。
このコラボ@指数の数字が小さい程、走る馬を示しているという事です。
僕の勝手なまとめ方なので参考程度に見てほしいのですが、要するに、
【共同通信杯2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数30以下で馬券決着】

■京都記念
指数1位~3位がほぼ馬券を独占しているのがわかりますが、2016年だけ悲惨な成績です。
ですが、ここも最少点数で3連単を取るために見てもらいたいのは、指数順位ではなく、
【京都記念2014年~2017年まで4年間すべて、コラボ@指数32以下で馬券決着】

ぜひ参考にしてみてください。
→ 無料会員登録ページ



【㏚】話題の人工知能が競馬を予想する!ニッカンAI予想(β版)




ニッカンAI予想とは?

日刊スポーツが持つ過去のデータを人工知能が学習し、印と馬連での買い目を公開する独自のAI予想です。

日刊スポーツがこれまで蓄積した数百にものぼるファクターをベースに、AIはひたすらレースデータの学習を続けており、馬連で購入するのに最適なフォーカスを追求し回収率100%を目指しています。

またこのAI予想には、複数のアルゴリズムを駆使するアンサンブル学習を使用しており、複数のアルゴリズムの中には、「着順を予想するAI」「馬連で購入するに最適なAI」「配当妙味を算出するAI」などが存在します。

それぞれのアルゴリズムにはメリットとデメリットがありますが、複数使用することでメリットを最大限に生かし、デメリットを最小限に抑えます。

AIの予想スタイルは?

AI予想の買い目は馬連で最大7点、中央競馬の全レースの予想と買い目を、前日の午後7時から公開する【前日予想】と、当日の馬場状態や馬体重などを組み込んで当該レースの発走約30分前に公開する【直前予想】の2回公開しています。

当日のレースを約30~40分前に公開する【直前予想】はレース当日の天気、馬体重なども組み込むことでさらに多層的な予想が可能となります。

無料版でも一部のレースをサンプルとして公開していますが、有料版では全レースのAI予想を披露。

印(◎○▲☆△。△は最大4つ)と馬連の買い目(最大7点)を前日夜と当日に公開します。

馬連1点あたり100円で購入した場合の回収率も明記します。買い目は◎から流すだけではなく、たて目(○-△など)も存在します。

日刊スポーツ独自の最先端AI予想を是非一度体験して、あなたの競馬戦略に活用してみてください!

-うまコラボ, 予想サイト
-, , , , , , , , ,

Copyright© 競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.