血統分析2018年 血統分析

2018桜花賞~牝系血統(ファミナン)+過去レース傾向分析記事

投稿日:

いつも競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログをご覧いただきありがとうございます!


(3月から血統分析記事の配信スタイルをリニューアルしています。週末開催の重賞の中から当サイトの牝系血統分析が効果的と思われる重賞一つに絞って無料記事をアップしていきます。(レジまぐの血統分析記事配信は当面休止します))

では、今週選んだ重賞「桜花賞」の「直近過去12年分馬券圏内」血統分析データです。

こうして直近12年分の牝系血統(ファミリーナンバー)の3分類(地力系、バランス系、極軽系)でみると、複勝圏内では極軽系が優勢となっていますが、1着=勝ち馬はバランス系(7頭/12)が圧倒的に有利になっています。
そこでファミリーナンバーで詳しくみてみると、左下にあるように地力系(16号=2頭)、
バランス系(4号=3頭・9号=4頭)、極軽系(2号=2頭)から12年中11頭の勝ち馬がでていますのでこれらを最重要視◎していきます。→地力系(16号)、バランス系(4号・9号)、極軽系(2号)を最重要視◎
また地力系(1号・12号)と極軽系(3号・8号)は過去3頭馬券圏内にきていますのでこれらを重視していきます。→地力系(1号・12号)、極軽系(3号・8号)を重視○


【PR】

[s_ad]


次に2018桜花賞「「馬番号を付さない」出馬表」の牝系血統+過去レース傾向分析です。

表の見方ですが先ほど分析した牝系血統(ファミリーナンバー)的に優位な馬→地力系(1号・12号)、極軽系(3号・8号)に○印がついています(7頭)。また地力系(16号)、バランス系(4号・9号)、極軽系(2号)は最重要視◎印がついています(4頭)。

また過去レース傾向のデータでフィルタリング(絞り込み)して今回馬券圏内に残る確率が高い馬は赤く表示されています。

こうしてみるとアーモンドアイ、アンコールプリュ、デルニエオール、トーセンブレス、ハーレムライン、マウレア、リバティハイツ、リリーノーブルの8頭がどちらのフィルタリングもクリアして狙い目の馬に該当していますので、今後の予想ではこれらの8頭を中心にして予想を立てていきたいと思います。

以上の分析を基に騎手データ、スピード指数、各競馬メディア予想の印なども考慮して本命馬とヒモ候補を絞り込んだ上で、「レジまぐ」で予想配信します。



↓ポチっとご協力お願いしますm(_ _)m

競馬・血統理論 ブログランキングへ

【PR】おすすめの予想サイト一覧

-血統分析2018年, 血統分析
-, , , , , , , , ,

Copyright© 競馬ファミリーナンバーと過去データを研究!本命馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.